Follow Us

Copyright 2014 Brand Exponents All Rights Reserved

乾太郎

NEOシリーズでは、JASが認める無垢材を標準装備!

・ついに実現!!背割れのない天然木乾燥材
kantarou-1
乾燥技術において定評のある院林が、初めから背割りを入れずに乾燥させるオリジナルの最新技術を開発。もう、家の歪みや亀裂の心配は無用です。「乾太郎」は、乾燥に際していっさい背割りを必要としない画期的な最新技術から生まれた新乾燥材。あきらめられていた天然木材の欠点を克服し、柱材の精度と耐久性を大幅に改善しました。

 

・天然素材であるがゆえの悩み、「乾太郎」なら無用です

天然木は繊維方向により収縮率がちがうため、乾燥による割れが最大の悩みでした。このため1箇所または数箇所に初めからワレ目(背割り)を入れておいて収縮率を分散させる工法が一般的でしたが、このワレ目が膨張して壁に歪みや亀裂を生じさせることも悩みの種でした。

・従来の背割り工法は、住宅の瑕疵を生じます
kantarou-3
柱が乾燥して背割りが開くと、壁に勾配が生じたり、クロス、石膏ボード、気密シート などに亀裂が入ります。これが《品確法》では乾燥収縮による  と判断されます。また、建築基準法が改正されて住宅基準法が改正されて住宅金融公庫の仕様 が変わり、補強として金物の仕様が多くなりました。背割りや乾燥割れはこの金物を取り付ける場合に、大変支障になることが問題になっています。「乾太郎」 は、乾燥に際していっさい背割りを必要としない画期的な最新技術から生まれた新乾燥材。あきらめられていた天然木材の欠点を克服し、柱材の精度と耐久性を 大幅に改善しました。