Follow Us

Copyright 2014 Brand Exponents All Rights Reserved

基礎

基礎は建物を支え、地盤に定着させる大事な役目。
従来の倍以上の材料を使ったベタ基礎を採用し、建物の荷重をしっかりと受け止めます。

・鉄筋入りの15cm巾のワイド基礎とベタ基礎を採用
kiso-2
アリアンスの住宅基礎は、住宅信用機構基準を1.25倍上回る幅15cmの基礎立上りを採用しています。

 

kiso-1

・ベタ基礎
kiso-3
一般のベタ基礎は厚さ12cm。アリアンスは15cmをです。鉄筋も一般には、直径10mmの太さを30cm間隔に並べていきますが、アリアンスでは、直径13mmの太さを15cm間隔にしています。

当社では、基礎は建物の重さと地盤にしっかり伝える一番大切な部分と考えています。

・アンカーボルト
kiso-5
200cm 以内にアンカーボルトを設置します。住宅信用機構の基準では、270cm以内ですが、アリアンスでは、土台と基礎の接続部分は大切と考え、住宅信用機構基準の 1.35倍入れています。また、建物が基礎から浮き上がることを防止するために、基礎と柱をつなぐホールダウン金物を建築基準法構造計算値より多く、適確に施工しています。

・コーナーコンクリートベース
kiso-5
基礎のコーナーに集中した力を分散して受け止める為、一点に力が集中せず、被害を受けにくい…お客様の立場にたった使用方法です。