Wストロング工法

構造・性能

アリアンス独自の「Wストロング工法」を採用
「在来工法(木造軸組工法)」のメリットと「2×4住宅」のメリットを組み合わせ

■在来工法

古来より日本に根付いた風土に最も適した工法で、設計の自由度が高いと言われています。

 

【工法の特徴】

木の柱と梁を組んで建てていくので、軸組工法とも呼ばれます。高温・多湿という日本独自の自然環境のなかで生み出され、育まれてきたものなので、その伝統と実績は高く評価されています。

 

【長所】

設計の自由度が高く、多彩なプランにも対応できるという長所があります。在来工法では建物を柱と梁で支えるので、複雑な形状の敷地に合わせて建てることができ、開口部も広くとることができます。また、将来の増改築も行いやすいというメリットがあります。

 

【注意点】

細かな技法が必要になるため、施工精度の面でバラツキが生じることがあります。

 

■2×4工法

気密性・断熱性に優れており、地震に強い工法と言われています。

 

【工法の特徴】

床・壁・天井の六面体を基本構成にした箱状の建物です。建物の重量を壁で支えるので、「壁組み構造」とも呼ばれています。

 

【長所】

構造的に耐火性、断熱性、気密性を高める工事が行いやすいという長所があります。パネルの組み合わせによる構造なので、屋根裏に構造材が露出することがなく、屋根裏を収納や居室として使うことができます。また、部材が規格化されているため、施工精度のバラツキが少なく、工期も比較的短くすみます。

 

【注意点】

壁で支える構造なので、従来工法ほど開口部を広くとることができません。また将来、増改築を行う際に制約を受けやすいことがあります。

 

組み合わせることで、これまでの在来工法の建物強度のプラス3倍を実現しました。

 

家づくりは何から進めてよいのか分からないと思います。
どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。丁寧にご相談させていただきます。

0545-55-0777

お困りごとからご質問まで、些細なことでも真剣に
対応させていただきます。

メールフォームはこちら

専用のお問合せメールフォームよりご連絡ください。
担当スタッフが迅速にご回答させていただきます。

資料請求専用フォームはこちら

お客様のご要望に合わせた資料を
お送りさせていただきます。

公式フェイスブックページお問い合わせアクセス

アリアンス株式会社 本社
〒417-0061 静岡県富士市浅間上町14-25
TEL.0545-55-0777

Copyright alliance 2017. All Rights Reserved
メニュー