おすすめの収納設備3選|富士市周辺に注文住宅を検討中の方へ!

 

新築や注文住宅をお考えの方にとって、「収納」も非常に重要なポイントの一つですよね。

今回は収納設備に焦点をおいて記事を書いてみました!!

おすすめの収納をご紹介するのはもちろん、実はおすすめできない収納もあるんです…

収納を上手く取り付けることによって、一層生活が便利で豊かなものになります。

ぜひ参考にしてください。

 

□おすすめの収納設備3選


 

収納には様々な種類があります。
そこで、おすすめの収納方法を3つご紹介します。

 

おすすめの収納スペース1つ目は、パントリーです。
パントリーというのは、キッチンやその周辺に場所を確保し、そこに食材のストックや飲み物、あまり使わない調理道具をしまうためのスペースをさします。

パントリーがあることによって、食料品をストックしたり、食器棚に入りきらない皿やコップをしまっておいたりもできます。
また、ホットプレートやたこ焼き機といった日常では使わないが、年に数回だけ使うような調理機器もしまっておくことも可能なので、キッチンがすっきりとしたものになります。

さらに、災害時や外出ができない場面でも、食料品を備蓄として活用できるので、緊急時でも安心でしょう。

 

また、パントリーには2種類あり、棚タイプとウォークインタイプがあります。
棚タイプはそれほどスペースの確保ができない場合に有効です。
一方、ウォークインタイプはその収納力が高い反面、取り出すのが棚タイプと比べて面倒というデメリットもあります。
皆様のライフスタイルに合ったタイプを選びましょう。

 

おすすめの収納スペース2つ目は、ウォークインクローゼットです。
ウォークインクローゼットとは人が通れるように設計された収納で、そこには衣類などが収納しておけます。
ここには、衣類をまとめて収納でき、収納した衣類が一目でわかるので取り出しも簡単です。
さらに、スキー用品やスーツケースなど大型の物や季節の物も収納できるので非常に便利でしょう。

 

おすすめの収納スペース3つ目は、玄関収納です。
玄関は、傘や靴、ベビーカーなど様々なものを置いているにもかかわらず、そのスペースは小さいことが多いです。

そんな時に役に立つのが玄関収納です。
玄関収納は、靴や傘といった室内では使わない物を収納する以外にも、宅配などを一時的に保管することや、野球のバッドなど大型のスポーツ用品の収納も可能です。
これらの理由から、玄関収納は非常におすすめです。

 

□収納の失敗例


収納スペースはあると便利ですが、失敗例も存在します。

まず、失敗した例の一つに収納には適したサイズがあることです。
押し入れやクローゼットといった奥行きがある収納は、小さなものを収納するには向いていません。
布団や服といった多少大きめのものを収納することには向いていますが、アクセサリーなどの小さなものを収納するには別の工夫が必要です。

 

次に、ロフトや床下収納は、スペースを大きく確保できますが、出し入れが非常に大変です。
かがまなくてはならず、腰への負担が大きい場合もあるので注意しましょう。

さらに、収納スペースを大きくとりすぎても、上手く使い切ることができない場合もあります。

こういった、収納スペースはそれぞれのライフスタイルに合わせた場所や形、大きさがあるので、どこに、どれくらいの大きさや広さが必要なのかを事前に確認しておきましょう。

 

□収納スペースを上手く活用するためのポイント


収納は便利ですが、上手に使わなくては無駄となってしまう場所でもあります。
そういった収納スペースを上手に使うコツを3つご紹介します。

 

収納スペースを上手く使うためのコツ1つ目は、スペースをできるだけまとめることです。
収納は1つの部屋に1つほしいと思うことは自然ですが、それでは収納1つ1つが小さくなります。
収納は、まとまった広さや大きさがあることで自由度が高くなります。
小さな収納は大きなものを入れておけませんが、大きな収納は小さなものを入れておけます。
そのため収納スペースはできるだけ、大きく確保しましょう。

 

収納スペースを上手く使うためのコツ2つ目は、上下を上手く活用することです。
収納はしまっておくだけでなく、取り出さなくてはいけません。
そのためには、重いものを下に、軽いものを上に置くだけでも使い勝手は変わります。
空間を上下に分けることで、一目見て収納されているものを把握でき、探す手間を省けるうえに、間違って同じものを買うことを防げます。

 

収納スペースを上手く使うためのコツ3つ目は、グッズを活用することです。
最近は様々な収納グッズがあり、100円ショップの品を活用するだけで非常に便利になりました。
例えば、S字フックを使うだけでも空間的な収納が可能になり、突っ張り棒を活用すれば天井に収納を確保できます。
新築や注文住宅をお考えの方でも、こういったグッツを知っておくだけで、その選択肢は広がります。

 

□まとめ


 

今回は、おすすめの収納スペースと失敗例、収納を活用するコツについて解説しました。
収納は、非常に便利なもので、あれば生活の質が上がります。
本記事を参考に、収納いついて知っていただければ幸いです。

一覧へ戻る
リビングの全体の写真
ダイニング
書斎

家づくりは何から進めてよいのか分からないと思います。
どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。丁寧にご相談させていただきます。

0545-55-0777

お困りごとからご質問まで、些細なことでも真剣に
対応させていただきます。

メールフォームはこちら

専用のお問合せメールフォームよりご連絡ください。
担当スタッフが迅速にご回答させていただきます。

資料請求専用フォームはこちら

お客様のご要望に合わせた資料を
お送りさせていただきます。

公式フェイスブックページお問い合わせアクセス

アリアンス株式会社 本社
〒417-0061 静岡県富士市浅間上町14-25
TEL.0545-55-0777

Copyright alliance 2017. All Rights Reserved
メニュー

資料請求

来場予約