家事動線を考慮した間取り3選!富士市周辺で注文住宅をお考えの方へ!

 

家事動線を意識した間取りにすることで、生活の質が大きく向上します。
そのような間取りにするためには、具体的に生活するイメージを膨らませておくことが大切です。
そこで今回は、家事動線を考える際のポイントや注意点についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□家事動線を考える際のポイント


 

間取りづくりの際には、家事動線を意識することが大切です。
それを意識するだけで、家事効率が格段に向上します。

動線とは、日常の生活や仕事で、建物の中を人が移動する経路を線で表したものです。
つまり、どのようなルートを通って行動しているのかという道筋のことです。
よって家事動線は、家事を行う際に、人が家の中をどのように行動しているのかを示しています。

 

たとえば、洗濯をするときを思い出してみましょう。
洗濯かごから洗濯機へ衣類を移し、洗剤を入れスイッチを押し、洗った洗濯物を干すためにベランダやバルコニーに運んで干して、乾いたら取り入れて、たたんで洋服ダンスにしまう、という一連の流れがありますよね。

この過程には、洗濯物を洗濯機からベランダやバルコニーに運ぶ、取り入れて各部屋に運ぶという動線が生まれます。
また、洗濯は他の家事よりも、移動距離が長くなることが多く、重労働な作業です。

 

家事動線を短くすれば、家事にかかる手間を減らせます。
もちろん、家事には他にも調理や掃除などが含まれるので、それらの動線同士が交錯しないような動線計画を立てることが大切です。

 

□家事動線を意識した間取り3選


 

1つ目は、キッチンやトイレ、洗面所など水回りを集中して配置する間取りです。

水回りを集中して配置すると、キッチンで朝ごはんの調理をしながら、洗濯機で洗濯できるので、スムーズに家事を行えます。
小さなお子さんがおられる家庭でも、家事をしながらお子さんの様子を確認できるので、とても安心ですね。

また、水回りを集中させることで、配管の構造がシンプルになります。
そのため、水回りをバラバラに配置したときよりも、建築費用を抑えられるでしょう。

 

2つ目は、キッチンのそばにパントリーを設置する間取りです。

パントリーとは、食器や食品を蓄える小部屋のことです。
家族が多ければ多いほど、一度に大量の食品を購入することもあるでしょう。
そのような場合でも、冷蔵庫とは別に大量の食品をストックしておけるのでとても便利です。

また、食品をキッチンに運ぶ時間や手間がかからないので、調理工程の短縮につながります。
何をどのくらい収納したいのか、具体的に生活をイメージすることで、より使い勝手の良いキッチンに仕上がるでしょう。

 

3つ目は、洗濯室を設けてウォークインクローゼットと隣接させる間取りです。

梅雨の時期や花粉の季節など、洗濯物を外に干しづらくて困ってしまいますよね。

そのような場合でも対応できるように、室内干し用の洗濯室を間取りに組み込んでみましょう。
そうすることで、雨天であっても快適に洗濯物干しができます。

 

さらに、洗濯機やウォークインクローゼットと隣接させることで、洗濯、干し、収納という一連の流れを最短距離で行えるでしょう。

弊社では、奥様の作業動線にこだわった空間作りを心がけています。
奥様方であれば、キッチンにはこだわりたいものですよね。
食事の準備をしながらお子さんの様子が確認できたり、リビングの景色が美しく見えたりする空間づくりをご提案しております。

 

もちろん、キッチン以外の洗面所や洗濯場、お風呂などの水回りなども考慮しておりますので、住み始めてから使い勝手の良い空間だと実感できるでしょう。

 

□家事動線を考える際の注意点


 

家事動線を考える際は、それぞれの動線をバラバラに考えるのではなく、日常生活と家事の視点で総合的に考えることが大切です。

 

たとえば、リビングだけトイレだけの間取りを考えるのは簡単です。
しかし、ずっとその場所で過ごすわけではないので、部屋間の移動というアクションが生じます。
お部屋同士の移動がしづらいと、使い勝手の悪い住宅だと感じてしまうでしょう。
そのため、総合的な目線で家事動線を意識した空間づくりが重要視されているのです。

 

また、家事動線を意識した空間づくりを計画するときは、今後どのような暮らしをするのかを具体的にイメージしておくことが大切です。
特に朝の時間帯は、朝のごはんを準備したり、会社や学校に行くための支度をしたりと、水回りを中心に混雑することが多いです。

そのような状況が毎日続くと、ストレスの原因にもなるでしょう。
水回りは1箇所に集めるのか、同じ階で1つの家事を行えるのかなど、日常にかかせない作業をいかに最短経路で、効率的に行えるのかを意識すると良いでしょう。

 

□まとめ


 

今回は、家事動線を考える際のポイントや注意点についてご紹介しました。
家事動線を意識した空間づくりをすることで、家事の負担を減らすことができ、快適な新生活を過ごせるでしょう。
富士市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

一覧へ戻る
リビングの全体の写真
ダイニング
書斎

家づくりは何から進めてよいのか分からないと思います。
どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。丁寧にご相談させていただきます。

0545-55-0777

お困りごとからご質問まで、些細なことでも真剣に
対応させていただきます。

メールフォームはこちら

専用のお問合せメールフォームよりご連絡ください。
担当スタッフが迅速にご回答させていただきます。

資料請求専用フォームはこちら

お客様のご要望に合わせた資料を
お送りさせていただきます。

公式フェイスブックページお問い合わせアクセス

アリアンス株式会社 本社
    〒417-0061 静岡県富士市伝法2001-35
TEL.0545-55-0777

Copyright alliance 2017. All Rights Reserved
メニュー

資料請求

来場予約