子供部屋の間取りのアイデア3選!注文住宅をご検討中の方へ!

子供部屋の間取りは、お子様の成長を考えたときにとても重要です。
この記事では子供部屋の間取りアイデアや子供部屋を個室で用意する際のポイント、

お子様が将来家を出た際の子供部屋の活用方法などをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

□子供部屋の間取りアイデア


 

子供部屋をつくるとなると、どれほどのスペースが必要になってくるのか、どのようにして家具を配置すれば良いのかなど悩むポイントはたくさんありますよね。
ここでは子供部屋の間取りアイデアを3つご紹介します。

 

*リビングの一角に子供部屋の空間をつくろう


 

お子様が小さい頃は少しでも目を離すと大きな怪我をしてしまう可能性があるため、できるだけ目の届く位置にお子様のための空間を作っておくことをおすすめします。
例えばリビングの一角にお子様が遊べる空間を作ってあげると、子ども部屋が個室でつくられている場合と比較すると安心して見守ることが可能です。

 

また料理や掃除を行いながらお子様の様子を確認できることも良いですよね。
間取りを考える際に、リビングの一角に少し段差を付けたフロアを設置してみたり、机を置けるスペースを設けたりするだけで子ども部屋として利用しやすくなります。

 

またリビングに隣接した和室を作るとお子様が小さい頃は子ども部屋として、お子様が大きくなられた際には客室としても利用できます。
また畳の素材は柔らかいため怪我をしにくいことや、一緒にお昼寝する場所としても利用できることが魅力です。

 

弊社では、児童心理学や人間工学を考慮して設計をしております。
例えば、子供部屋ではなくリビングで勉強した方が子供の集中力が高まるというデータに基づいて、リビングと隣接したスキップフロアにキッズスペースをご提案しております。
目線や壁の高さまで計算されているため、お子様にとって最適な空間作りができますよ。

 

*子供部屋に遊び心を加えよう


 

お絵描きやおままごと、積み木や絵本など小さい頃は好奇心が旺盛で何事にも興味を示す時期でもあります。
そんなお子様が喜ぶ部屋とはどのような部屋でしょう。

 

例えば一面の壁を黒板に変えてみるというアイデアがあります。
小さなノートに絵を描くこととは異なり、全身を使って頭の中のイメージを表現できます。
このような経験はなかなかできないためお子様の興味を掻き立てることが可能です。

 

他にもデザインを工夫してみることも良いでしょう。
例えばロフトを設けたり、小さな窓をいくつか作ってみたり、秘密基地のような屋根に囲まれた小さな空間を設けてみたりなど、ご自身が子供の頃に憧れたデザインを再現してみると良いかもしれません。

 

*勉強する場所をオープンにしよう


 

勉強のための場所をオープンにしておくとお子様が質問しやすい環境を作れます。
どの範囲がわからないのか把握しやすいですし、お子様にとっては親御さんが見ていてくれることがやる気にも繋がります。

 

□子供部屋として個室を用意する際のポイントとは


 

先程はお子様が小さい頃、安全のため目の届く位置に子供部屋をつくることやその間取りの工夫方法、デザインについてご紹介しました。
ではお子様がある程度成長されて専用の個室が必要になってきた際にはどのような点に注意すべきでしょう。
ここでは個室をつくる際のポイントをご紹介します。

 

はじめに鍵の取り付けについてご夫婦やお子様で話し合うことをおすすめします。
お子様の部屋には鍵をつけないようにするご家庭も多いようです。
プライバシーを保ちながら、何かあった時にすぐに駆け付けられるようにしておくことは大切です。

 

また、部屋の掃除や管理も干渉しすぎることは控えましょう。
お子様ご自身で部屋の配置を工夫することや、掃除する習慣を身につけられると良いですよね。

 

その他にも、お子様とコミュニケーションがとりやすいようにリビングに近い場所に部屋を設ける方もいます。
部屋で過ごすことも良いですが、家族とのコミュニケーションが無くならないようにバランスを考えることは大切です。
お子様の体調や気分の変化などに少しでも早く気付けるよう工夫してみましょう。

 

□子供部屋の将来


 

子供部屋の間取りを考える際には、お子様が家を出た時のことも考えておくことをおすすめします。
もちろん子ども部屋として用意するため、お子様の意見を尊重することやお子様が生活しやすい間取りにすることが優先です。

 

しかしその後の活用方法を考えておくことも大切です。
例えば、書斎や趣味のための部屋にしてみても良いでしょう。

壁面収納をつくっておいて子供部屋として使用する際には教科書や本などを置くためにお子様が利用し、お子様が家を出た際には書斎として活用することが可能です。
お仕事で利用する書類や文献などを置いてみても良いでしょう。

 

□まとめ


 

本記事では子供部屋の間取りアイデアやお子様が家を出た際の活用方法をご紹介しました。
お子様にとって心地良い空間を作りましょう。

当社は多くの人にとって一生に一度の経験となる家づくりを共に考え、最も頼れるパートナーでありたいと日々邁進しております。
富士市周辺で注文住宅にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る
リビングの全体の写真
ダイニング
書斎

家づくりは何から進めてよいのか分からないと思います。
どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。丁寧にご相談させていただきます。

0545-55-0777

お困りごとからご質問まで、些細なことでも真剣に
対応させていただきます。

メールフォームはこちら

専用のお問合せメールフォームよりご連絡ください。
担当スタッフが迅速にご回答させていただきます。

資料請求専用フォームはこちら

お客様のご要望に合わせた資料を
お送りさせていただきます。

公式フェイスブックページお問い合わせアクセス

アリアンス株式会社 本社
〒417-0061 静岡県富士市浅間上町14-25
TEL.0545-55-0777

Copyright alliance 2017. All Rights Reserved
メニュー

資料請求

来場予約